NeoJukePro v2.0.0

新機能・追加機能

  • ユーザーのコマンド実行権限を変更するコマンドを追加しました。
  • Systemコマンドで出力される情報を追加しました。
  • 各ギルドの言語を変更する機能を追加しました。
  • 各ギルドのオーディオソース設定を追加しました。
  • データベースの変更を自動で移行する機能を追加しました。
  • APIにログインせずに起動を確認するブートオプションを追加しました。
  • コンソールからBotを終了するコマンドを追加しました。
  • 【開発者向け】NeoJukeProで管理しているギルドやユーザー情報へのアクセス性が向上し、モジュール開発の自由度が大幅に向上しました。

改善点・微調整

  • Deleteコマンドが、自分の投稿やBot宛のコマンドを削除するようになりました。
  • ユーザーが他のチャンネルに移動して元のチャンネルが空になったときにも再生を一時停止するようになりました。
  • システム情報にBotのバージョンを表示するようにしました。
  • 一部のコマンドのエイリアスを見直しました。
  • Webhookからのメッセージ受信時にエラーが発生するバグを修正しました。
  • statusコマンドで、現在再生しているトラックが空の場合にエラーが発生する不具合を修正しました。
  • 公開されていないトラックやプレイリストの動作を修正しました。

警告

このバージョンでは、データベースのテーブルの構造が大幅に変更され、以前のバージョンとの互換性がなくなりました。
プログラムは新しい構造のテーブルを自動的に生成しますが、過去のデータは移行されません。
また、一部のモジュールの互換性が失われている場合があります。

v1のデータを移行する必要がある場合は、このモジュールをインストールすることで、自動的にv2形式に変換されます。
https://github.com/nafu-at/NeoJukePro_Migrate_From_V1

ダウンロード

最新版をGithub Releaseからダウンロードすることができます。

https://github.com/nafu-at/NeoJukePro/releases/latest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です